忍者ブログ
ゆきはな店主のブログです

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山と恵みと祝福と。

ポンペさんと山に入るのは何回目だろう。

当然といえば当然だけど
何回目でも、いつも新しい学びがある。
会う度に、その学びがどんどん深くなっている。

今年初の山は山菜採り。


ポンペさんが何十年通っているという山に同行させてもらった。
ポンペさんのことが大好きな梅吉も一緒。
「山に入ったらダニにやられるから、留守番してなさい」と説得するポンペさんに
珍しく言う事を聞かず、『いく!いくったら、いく!!』と譲らなかった梅吉。
ポンペさんと山に入ることを察知したんだろうな。

いつも、楽しいもんね。ダニよりヤマだよね。

札幌から数時間。

なにもかもが美しい山に到着。

まずはカムイに挨拶。
『これから山に入らせていただきます。
わたしたちに山の恵みを分けてください。
どうか無事に山の時間を過ごせますように。』



野を超え、川を超え。
目的地(どのへんに、なにがあるか)が全てわかっているポンペさんは迷わず進む
しかも早い!!

「はい、ここがコゴミの群生地。」

ぎょえー
すごい
なにこれ

写真じゃ撮りきれない、一面のコゴミ。




(採った山菜を入れるものは)
「ま、スーパーの買い物袋何枚か持って行けばいいかな」というわたしの予想をはるかに超えていて
ポンペさんは最初から90ℓのゴミ袋である(笑


道々、いろいろ教わる。

「山菜のそばには似ている毒草があるから気をつけて。見分け方は、ここ。」
最初のころは何度教えてもらってもわからなかった見分け方、今年はだいぶわかるようになってきた。

そして今回はポンペさんの姪っ子さん(しょうこさん)も一緒だったので
女性目線から、「そこにある山菜」の料理の仕方も沢山教えてもらえて
すっっっっっごく勉強になった!!!!



「この上はキトピロがいっぱいだよ」
って、、、、、
ほぼ崖ですけど!?

という斜面をスイスイ登るポンペさん。

70歳近いとは思えない…
体力というか足腰の強さは完全に負けている…(´Д` )

これはちょっと平地になっているところから下を撮った写真。
もう、下が見えてません…



「ほら、そこに鹿が通った獣道があるから、その通り進んで。」
って、そんなのなんでわかるの!?
道ってか、ただの足跡だしっっっ(´Д` )

もう、正直山菜どころじゃない。
ただただ斜面を落ちないように歩くだけ。
いろんな意味で汗だく。

そのへんの木につかまって休んでたら
「その木、腐ってるよ!つかまらないで!」
マジ!?ぱっと見そのへんの木と変わらないよ…!?と強く叩いてみたら本当にポロポロと崩れていった…( ;´Д`)ひぃぃぃぃぃ
なんでわかるのーーー!?(こればっかり)


これ、落ちたら完全にドクターヘリの世界。
命にかかわるぞ。

でも

すっげーワクワク!!!!!

多分、梅吉も私も同じ

『ぼうけん、たのしいーーーーーーーーーーーー!!』

実際、ある程度下りてから気が緩んだのか

大量の鹿の糞に足をとられて、滑って転がり落ちました。
全然大丈夫だったけど。
糞と泥にまみれて、それすら楽しかった。

でもそれも結局都会人が浮かれてるだけなんだよな…
遊びじゃない、命がけの採集でそんなに浮かれてたら命がいくつあっても足りないもんな。






アイヌにとっての山菜採りは「レジャー」ではない。
狩猟と同じ、生きる糧なのだ。


採った山菜は今の地の恵みをいただくのはもちろん
干して、塩漬けして、加工して保存、
冬の間の貴重な食糧となる。

家族のためにそれこそ命がけで食べる物を採りにいくのだ。
そこにある、全てに感謝して。

当然だが、目の前にあるものを全て採り尽くしたら
来年いただくものは無くなる。
来年も、再来年も、また次も、
自分だけじゃなく、みんなが恵みをいただけるよう、次に繋げるよう
今必要な分だけ、いただく。


「採れたらラッキー♪」と山に入り
沢山採れたら「今夜は山菜パーティだわ♪」などと浮かれるわたしとは違うのだ。


ポンペさんのお父さんは狩猟で生計を立てていた人だったとのことで
山での過ごし方、仮狩猟小屋の作り方なども実地訓練。
サバイバル術というか、今で言うブッシュクラフト。
うーん、リアル「ゴールデンカムイ」!!

しかしこれもミーハー発言( ;´Д`)


ポンペさんも、しょうこさんも山の中のことを
「なんとなく、わかる」んだそうだ。(もちろん蓄積された知識も沢山だろうが)

どこに、なにが生えているのか
どの方角に行ったら、どうなっているのか

太陽を見て
土を踏みしめて
風の音を聴き
空気の匂いを嗅ぎ
全てを味わい

五感も六感も全て使って得るもの。

わたしが本や図鑑で見た、読んだ頭の中の知識じゃない
「自分の感覚」で動いて、そのとおり採取できている

そのチカラ。


わたしが学びたいのはこういうことなんだよなぁ。

わたしは山の中でウロウロしただけで、すでに方角がわからなくなってて
どうやったら帰れるのかすらわからない。
ひとりだったら完全に死んでる。



もう
途中から写真どころじゃなくなっているので
親バカとして梅吉の写真ばかりあげておく!


ちょっと一息。
さすがの梅吉も疲れた模様。




荷物を置いておいた場所の近くに卵が。
触ったら、ほんのり温かい!!
なんの卵だろう〜?





道すがらの学び、
後半はさらに大興奮!

さくっと「これ、おひょう」って!!!!
わーーーー!
アットゥシ織りの原料、それこそ勉強だけはめっちゃしましたけど!
生で初めて見たーーーーー!!!!

「これ、前に剥いだところ。必ず全面は剥がないで残す。次の皮がまた元気に再生するよう祈る。」
「剥ぎ方は、ナイフを入れて上に引っ張る。」


 
一度自分でオヒョウを剥ぐところから、織るところまで
いや着物を縫うところ(もちろんアイヌ刺繍も!)まで!やりたいなぁ。



そして!!


なんと!!!!


「イケマ探そうか」


ぎゃーーーー!!
これもいつもお世話になっている(主に夫が魔除けとして)イケマ!


知りたいです!どこにどう生えているのか!知りたい!見たい!!

「蔓が上に向ってるのを見て判別して、、」といろいろ特徴を聞くが全然見分け方がわからない。

ポンペさんが発見してくれるも、やっぱりわからない…
これもいつかわかるようになるかな。

ポンペさんが見つけて掘り出した!



生イケマ(の根)と初対面!で大興奮!!

なんとなく、マンドラゴラっぽいというか
確かに霊力が宿っている感じがする。。。
ポンペさんが抜いてこっちに持って来た時、なんか、ちょっと恐かった。

これを輪切りにして、穴をあけ、紐を通して(紐は白と黒の双糸が良いらしい)首から下げる。
夫はこのイケマのネックレスを3度も壊している。(イケマが突然割れるのだ)
これはイケマが身代わりになってくれたということ。
何度死に目にあっているのか、夫よ。

さあ、これで自作のイケマネックレスを作れます♡
お守りも作ろう。
家の中にも飾ろう!


山を下りたらお礼を。
『沢山の恵みをいただきました。
そして無事に戻れました。ありがとうございます。
イヤイライケレ!』



さて、札幌への帰り道
しょうこさんが「あれ、イタドリあるわ」と
寄ってくれた場所がまたお宝満載の場所で
ニリンソウもアズキナもフキもヨモギもわっさわさ!
うえーん袋足り無ーい(>_<;)

オオイタドリの新芽はぬるぬるしている。
オクラのように食べる、痛み止めに良いそう。(当て字で「大痛取」と書くらしい)



この後も写真を撮る余裕等ないほどに
あっちこっちそっちこっち

山菜祭り〜〜〜はぁはぁ。


すごい一日(半日)だった。


左上から時計まわりに
キトピロ、シドケ、フキ、ニリンソウ、カタクリ、コゴミ、ヨモギ、オオイタドリ、ヤチゼンマイ、コゴミ(チビ)アズキナ。







この日は図らずも「あわうたボイスワーク」の日で
講師のわこちゃんのお誕生日!

「手巻き寿司しよう!」と言っていたのだけど
これだけの山菜、フレッシュなうちにみんなに食べていただこう!と
急遽山菜ディナーに変更♪

あわうたをみんなで気持ち良く響き合わせて
身体もスッキリ、お腹もぺこぺこ♪



さぁ〜
祭りだ祭りだ
山菜祭り、
お誕生日祭り〜!




こごみは頭は胡麻味噌和え、茎は油炒め
アズキナとキトピロはおひたし
オオイタドリは酢味噌和え
ヨモギはヨモギごはんに、味噌汁にはフキとニリンソウ。
あとはとにかく全部天ぷら!
山菜は天ぷらが一番!






ニリンソウの味噌汁は、可愛い♡

ニリンソウが食べられるって、意外と皆知らないよね。
おすそわけしても食べないで飾る人も多い(笑

お茶はセタエントとシケレベ。



そして、バースデーケーキまで♡


HAPPY BIRTHDAY on EARTH!


楽しかった美味しかった幸せだった一日
地球にうまれてきたこと、心から感謝する一日だった!

すべてに

イヤイライケレ〜〜〜〜〜!!


拍手[9回]

PR

アシリチェプノミ〜新しい鮭を迎える儀式に参加しませんか?

豊平川でアイヌの新しい鮭を迎える儀式に参加しませんか〜〜〜?


鮭はカムイチェプ(神の魚)、シペ(本当の食べ物)として
食糧としてはもちろん衣服や履物にもなり
アイヌの暮らしとは切っても切り離せない魚です。
昔は豊平川に鮭があがると藻岩山からでも川が光ってわかったそうです。


アシリチェプノミは川に戻って来る「新しい鮭を迎え祝う儀式」。
アイヌは産卵前の脂の乗った雌鮭はその日食べる分だけ捕り
保存用には雄鮭やホッチャレ(産卵後の雌鮭)を捕りました。
無駄な捕獲はしない、また保存するのには脂が少ない方が良いという
自然と共生した暮らしの知恵です。


川も鮭も、誰のものでもないのに
アイヌの鮭漁は禁止され
勝手に山に入る事すら禁じられた。。。


それでも、鮭を迎える儀式はしようと「アシリチェプノミ」が復活し
今年で34年目になります。


当日は伝統音楽、舞踊、料理も楽しめます。
ぜひぜひ、遊びに来てください!


【お手伝いしてくれる方も大募集です!!】


当日物販のお手伝いしてくださる方を募集しています。
  
アイヌ文化に触れたい、アイヌのみなさんと語り合ってみたいかた
yukihana@me.com まで連絡お待ちしておりますヽ(*´∀`*)ノ


拍手[0回]

インカルシペ カムイノミ

アイヌのエカシ(長老)ポンペさんからお誘いをいただき
藻岩山で行われるアイヌの山の神へ感謝を伝える儀式に参加してきました。

当日は朝から霧雨、藻岩山は真っ白。。。
「中止にならないのだろうか???」
ポンペさんとは携帯でのやりとりをしないので確認も出来ずドキドキ。
霧で真っ白の藻岩山を上がるとすでに準備は始まっていました。


霧雨からどしゃぶりになりつつある中
手分けしてテントを張ったり、準備を進めます。


私たちは正直ナニをしたら良いのかもわからないのですが
出来る事をやりつつ、ポンペさんにいろいろ教えてもらいました。


イナウを作ります。
上の笹の葉の物は「榊」のような感じで両脇に置かれます。
イナウはご神体のようなもので、これに神への祈りなどを伝えてもらいます。
イナウの数はそのときによるそうですが、今回は5本(五つの神様)用意されていました。
柳の気を削り房にしたもの、ここまではポンペさん達が作ってくれていたもので、これに木の枝を括り付けていきます。
そのうち木を削る作業も教えてくれると言ってくれました。


食べ物を扱うのは女の仕事。
持ち寄った神様に捧げる食べ物を笹の葉の上に並べます。



  
お米に昆布、塩、小魚、木の実や果物。

動物の骨やたばこの草(?)などもあります。

お菓子や甘いものもたくさん用意されていました。

男性陣は雨の中木の枝を組み、イナウを並べるヌササン(祭 壇)を作っています。



神様にはそれぞれ名前がついています。


 

なんとか準備が整って来ました。
 
土砂降りの中、火をおこし、捧げ物を並べます。


なんと、ポンペさんは私たちに衣装を用意してくれていました!!
感激〜〜〜〜!!!!!emoji

 

儀式が始まるまえに静かに座るポンペさん。
瞑想状態なのか?神様に繋がっている感じがします…


座る場所や順番も決まっているようです。
男は前列、そのうしろに女(妻や家族?)


いきなりポンペさんの横に座ることになって緊張を隠せない夫…そりゃそうだ(笑


男達の後ろ姿を眺めるというのもなかなかオツです。


そしていよいよカムイノミ、スタート。

アイヌにとっての神は、私たちが神社や教会で祈る神とはずいぶん違います。
囲炉裏で燃える火も神ですし、家のまわりに立つ一本一本の木も神、家自体も神で す。
アイヌの考えでは、あらゆるものに魂が宿っていて、なかでも動物や植物など人間に恵みを与えてくれるもの、火や水、生活用具などのように人間の生活に 欠かせないもの、あるいは地震や津波など人間の力が及ばないものをカムイ[神]と呼んで敬いました。

 昔の暮らしは自然と直接向き合っていましたから、衣食住のすべてにわたってものをいうのは自然界と協調する能力でした。自然界の神々と仲違いしては食べ物も得られず、災害に見舞われ、生きてゆくことができません。
(アイヌ民族博物館 資料より)   

オンカミ(拝礼)から始まり
男達にトノト(お酒、今回はどぶろく)が回されます。




アイヌは神や先祖にお神酒を捧げるとき、イクパスイ(イク[酒を飲む]・パスイ[箸])という独特の儀礼具を使います。箸先を酒杯につけ、神や祖先 の祭壇に向けて垂らすと、一滴の酒が神の国には一樽になって届き、神々も人間たちと同じように酒を酌み交わすものと考えました。
 同時に、イクパスイは人間の祈り言葉を神へ伝える役目ももっています。そのためパルンペ[舌]といって先端に三角形やヘの字型の小さな切り込みがつけられる場合があります。

 イクパスイは大祭はもちろん、日常の個人的な祈りにも用いましたし、外出先で携帯していないときでも、その場で木を削って簡単なものを作りました。どのような状況でも祈りには欠かせない儀礼具のひとつです。





手作りのイクパスイで炎(火の神様)にお酒を捧げているところ。

ちなみにポンペさんはいつでもどこでも、食べたり飲んだりするときは割り箸でこの行為をします。
どんなときでも、自分がいただくものを神様に捧げ感謝を忘れないのです。
見習わなくては。。



男達が呑んだあと、後ろの女に器がまわって来て、続いていただきます。



神への祈りを捧げる言葉と共にオンカミ。
両手をずらしながら左右へ振り、両手を上に向けて頭を下げ手を上に何度も上げます。
自らの 心、魂と、大自然の神々の魂と、魂が心静かに、心優しく響き合いますように、 という気持が感謝の現れなんだそうです。

私も目を閉じてその場を感じてみました。

天候のおかげもあって火や土と共に風や水のエレメントも感じられます。
目に見えない存在も全て神様というアイヌの信仰心。
そういう感覚も学んでいきたいと強く思います。

次に
五本のイナウ、神様にそれぞれ祈りを捧げます。

 

それぞれの神様の名前が書かれていましたが、写真が悪くて読めません…emoji
ポンペさんに聞いておきます!

夫も直接指導を受け水の神様に祈りを捧げます。


どうして、こうへっぴり腰なのでしょう…(苦笑)
 

五本全てが終わったら、次は女達によるシンヌラツパ、「先祖供養の儀式」です。

これは私も(その場にいた女性ほとんどが)参加させていただきました。

まずはエカシからイナウ(この場合は先祖)を受け取ります。
 
神様とおなじように置いていき
 

トノトを受け取り


イクパスイでトノトを捧げ
 
捧げもの、先祖が好きだったものをまず自分がいただく(先にいただかないと先祖が食べられないから)

食べたものをチヤラパ(供物をヌサの地面に撒く)する。
タバコが好きだった先祖にはたばこの草を火にくべたりもする。
チヤラパするときには自分の先祖や関係する故人の名をよび、語りかけることが大切である、とされている。



残ったトノトは(呑める人は)呑み干す。
私はもちろんこんな呑みっぷり(笑


出た!悪い顔(爆笑
夫の不安げな表情と対照的ですね…
 

この後はイナウや捧げ物をどんどん燃やして行きます。


無知な私は「寒いからいろいろ燃やして暖をとっているのかな…」などと思っていましたが
もちろんそんな事は無く(笑
これも神に捧げる行為。
 

アイヌネギをも火にくべるととっても美味しそう!


雨で充分にうるかさった(北海道弁)お米も無駄無く神様へ
  

これにて儀式は終了、あとは直会、、、ではありませんが
みんなで捧げ物をいただきます。

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、みなさんの差し入れ煮しめやら雑穀ごはんやらお漬物やらもずらりと並び、なんだかお正月のようでした!!


そしてデザートにはなんと!!
二風谷のアシリレラさんから贈られたという夕張メロンーemoji
超美味しかった!!



最後に記念に衣装でツーショット。


自分で衣装を作りたい!アイヌ刺繍したーーーーーい!!!


なんだか、何にも知らない和人が急に現れて参加させていただき…
一緒にいろいろ教えてくださった皆様、本当にありがとうございました。

今後もアイヌ文化を学び、伝えて行く活動を続けていきます!!
よろしくお願いいたします。


当時のアイヌの方々のカッコイイ動画(写真)を見つけました!
素敵すぎてゾクゾクしちゃいます。



余談…
これだけ惹かれるってことは自分(の過去生)がアイヌだった?とも思いますが
アイヌだったというよりは、もしかしたら和人としてアイヌの方々を傷つけてしまった立場だったかも…という気もします…
ポンペさんとはどこかの過去生で肉親だった!はず。

拍手[3回]


プロフィール
HN:
雪子
HP:
性別:
女性
自己紹介:
『身の回りのものをどこまで手作り出来るか』がライフワーク。
神社大好き「和」大好き。
スピ系活動もするけど、キラキラ☆フワフワ♡なスピは苦手w
ガッツリ地に足着いたPUNK系スピですwww
どちらもバランス良く
徹底的に自由に生きることを目指してます。

可愛い年下夫と可愛い柴犬(♂)と暮らしてます。@さっぽろ

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne